【メンズ用】ヨガマット男性サイズおすすめを超厳選!厚さや素材など選び方も解説

【メンズ用】ヨガマット男性サイズおすすめ5選!厚さや素材など選び方も解説

ヨガを始めた男性がまずどんなものを購入しようか迷うのが『ヨガマット!』

今回は以下のようなお悩みのかたの疑問が解消できます。

  • メンズサイズってどのくらいの大きさのマットがいいの?
  • 持ち運び用だとしても、男性は厚手のマットを選んだほうがいいのかな?
  • 素材の種類がたくさんあってどれを選べばいいかわからない…

用途にあったちょっとおしゃれなヨガマットを選びたい!
そんな男性にメンズ用おすすめヨガマットをご紹介します。

目次

男性に適したヨガマットの選び方

男性に適したヨガマットの選び方

ヨガマットを選ぶときにまず確認したいのは以下の3つです。

  • 厚さ
  • サイズ
  • 素材

それでは1つずつ説明していきますね!

厚さ

男性は女性よりも比較的体重が重いので、クッション性が高く、厚めのヨガマットがよいといわれています。

しかし、クッション性が高いだけでは逆効果になってしまう場合があります。

目的・用途にあった厚さのマットを選ぶことが重要です。

  • 厚め 10mm~
  • 標準 5mm~
  • 薄め 5mm未満

厚さ別に役割や利用シーンについて簡単に説明しますね。
しっかりと自分にあったヨガマットを見つけましょう!

厚め(10mm~)

クッション性があるので、マンションなどの自宅で使用する場合は騒音防止になり、床の傷防止にも最適です。

厚さが10ミリを超える場合、重さがあるので持ち運びにはあまりおすすめしません。持ち運ぶなら10ミリまでにしましょう!

15ミリ以上のヨガマットは初心者やリラックスヨガを中心に行う場合は良いでしょう。

中・上級者がおこなうポーズを決めるようなハードなヨガを実践する場合は足が沈んでしまい、不向きといえます。

標準(5mm~)

自宅でつかうにも、スタジオなどでつかうにもちょうどよい厚さといえます。

初心者には怪我防止の観点からも5ミリ以上の厚さがあったほうが安心ですよ!

軽量のものを選べば、持ち運びも苦痛にはなりません。

薄め(5mm未満)

持ち運びをしやすいことが最大のメリットです。

中にはA4サイズまで折りたたむことができ、カバンに入れて持ち歩くこともできます。

上級者やヨガスタジオなど、床にクッション性がある場所で使用する場合に最適です。

ヨガマットだけではクッション性が足りないことから、怪我をしやすいので初心者は注意しましょう。

サイズ

一般的には縦は約170㎝、横は約60㎝のものが多いです。

最近は男性もヨガをはじめる人が増えているので縦が180cm以上のものも多くなっています。

仰向けに寝た時に窮屈に感じないような、自分の身長よりも縦の長さのあるヨガマットを選びましょう。

スタジオや旅行先などで使用したい場合、小さく収納できるようなヨガマットを選ぶ必要があります。

素材

素材はおおきく分けて3種類です。

  • PVC(ポリ塩化ビニール素材)
  • TPE(熱可塑性エラストマー)
  • ゴム製

お困りの方にもわかりやすく説明していきます!

PVC(ポリ塩化ビニール素材)

  • 初心者にはよい
  • 安価で購入しやすい
  • 長く使いたいひとには不向き

「とりあえずヨガをやってみよう!」と、ヨガマットの購入を考えている人にはちょうどよいでしょう。

しかし、水分を吸収しやすく劣化してしまうので、水洗いはできません。

長く使用するためにも購入する際にはお手入れの仕方について確認しておきましょう。

TPE(熱可塑性エラストマー)

  • 滑りにくく、『グリップ力』がある
  • ゴムアレルギーの人でも使用できる
  • 水拭きができる(水洗いができるマットもある)

厚さのあるヨガマットでも、プラスティックのような軽さが特徴なので、持ち運びもできます。

また、環境に配慮されているサステナブルな素材で注目されています。

素材で悩むのが面倒であればTPEにしておきましょう。無難で失敗がないですよ。

ゴム製

  • 耐久性が抜群
  • 非常にたかい『グリップ力』
  • 重さがある

合成ゴムの中では、NBR(ニトリルゴム)がよく知られており機能性にすぐれたものが多くなっています。

グリップ力があるので、動きの大きい動的ヨガをやっている人にはぴったりです!

金額はTPEより高く、重さがあります。

また、ゴムのにおいが苦手な人はなかなか匂いが消えないので避けたほうがよいでしょう。

初心者がヨガマットを選ぶ時の注意点

ヨガを始めたばかりの人がヨガマットを選ぶときに気を付けたいのは以下の3点です。

  1. 知っているブランドの種類から選ぶ
  2. 2000円以下の安価なヨガマットは避ける
  3. 使用の場所目的に合ったヨガマットを探す

ネットで検索をすると、2000円以下のヨガマットがおすすめされて売っていることがあります。

劣化が激しく、使い始めたばかりなのに破れてしまったなどの報告もあるようです。

今回は評判の良いヨガマット、安心のブランドなどからヨガマットを厳選して紹介します。

気に入った色やデザインのヨガマットを手に入れたほうが、
ヨガを継続させるモチベーションにも繋がりますよ!

メンズヨガマット持ち運び用おすすめ3選

メンズヨガマット持ち運び用おすすめ3選

ヨガ仲間と楽しむために持ち運びが苦痛にならない軽量なヨガマットを厳選!

  1. adidas
  2. VALX
  3. plumeria relaxing

①adidas

素材:合成ゴム(ニトリルブタジエンゴム)

サイズ:縦183cm、幅61cm、厚さ10mm

重さ:1250g

  • スポーツをやってる人ならだれでも知っている有名なメーカーなので安心
  • 合成ゴムでグリップ力があり、10mmでも重くないので持ち運べます。自宅用としてもバッチリ!

②VALX

素材:TPE(熱可塑性エラストマー)

サイズ:縦183cm、幅61cm、厚さ6mm

重さ:950g

  • お手頃な価格で、デザインもカッコいい
  • 重くないのでスタジオなどへの持ち運びにも最適。10mmも選べます!

③plumeria relaxing(折りたたみ式)

素材:TPE(熱可塑性エラストマー)

サイズ:縦183cm、幅61cm、厚さ6mm

重さ:820g

  • 折りたたみ式で収納しやすい!職場や旅行先にも持っていけます。男性は6mmを選びましょう!

メンズヨガマット自宅用おすすめ2選

メンズヨガマット自宅用おすすめ2選

自宅用にはこれ!持ち運ぶ必要がないから大きいものをおすすめします。

  1. manduka
  2. YUREN

manduka

素材:PVC(ポリ塩化ビニール素材)

サイズ:縦180cm、幅66cm、厚さ6mm

重さ:3400g

  • ヨガブランドのなかでも特に代表的な『manduka
  • グリップ力と耐久性が抜群!こだわりたい方は自宅用にぜひ!

②YUREN

素材:合成ゴム(ニトリルブタジエンゴム)

サイズ:縦185cm、幅90cm、厚さ15mm

重さ:1500g

  • 全体的に大きめなので、自宅でゆったり使えるヨガマットです。大きいのに値段が手頃!体の大きい人にもおすすめです!

【まとめ】ヨガマットに迷ったら万能なこれ!

結局どれにしたらいいか迷ってしまう…。
重すぎず、薄すぎない。気軽に使える値段がいい。
そんなメンズ用ヨガマットをお探しの方はこちらを!

Gruper
素材:TPE(熱可塑性エラストマー)
サイズ:縦183cm、幅61cm、厚さ6mm
重さ:750g

  • サイズや厚さは初心者の男性にも問題なし。さらに重さが750gという軽さ!
  • カラーバリーエーションが豊富なので好きな色が選べる

迷ったら上記のマットから気軽に使い始めてみましょう!

使ってみてから自分が求めているヨガマットがより明確に分かるようになりますよ。

もう少し目的がハッキリしているような以下の場合、

  • 『持ち運べるマットでも厚さは10ミリほしい』
  • 『カッコいいヨガマットがいい』
  • 『自宅で使うから重くても安定感があり落ち着けるマットがよい』

という方は、これまで紹介したおすすめの中から探してみてくださいね!

メンズ用ヨガウェアについての記事もあります↓

メンズヨガウェアの選び方&オススメの服装はこちら>>

目次