Slider

施 設 紹 介Facility

  • ゆったりとしたシート席

    ゆったりとしたシート席

    お風呂でサッパリとした後の身体を休めるために足を伸ばせるリクライニングシート。
    休憩に最適です。

  • 夜長をゆったり過ごすブース

    夜長をゆったり過ごすブース

    和風の造りでインターネット環境と
    テレビがご利用できます。
    夜を過ごすに人気のご提案です。

  • 心地良い夜の休息をご提案

    心地良い夜の休息をご提案

    休憩所でも夜をお過ごし頂けますが、
    ログキャビンカプセルで決められた部屋での
    宿泊もご案内しております。

  • 当店自慢の料理の数々

    当店自慢の料理の数々

    当店内のレストランでは、
    本格派な手作り料理を出来立てで味わえます。

  • 癒しの更なる高みへ

    癒しの更なる高みへ

    当店内に卓越した施術スタッフが皆様を癒しの真骨頂へと誘います。
    言わば、現世の極楽浄土です。

大浴場・サウナbath & Sauna

ゆったりとしたスペースの大浴場と
上野唯一のスチームサウナや
上野随一の広さを誇るドライサウナを完備!
仕事帰りのリフレッシュタイムや
旅行・出張の気軽な宿泊などには
最適の空間です。

  • 大浴場

    大浴場

    人工温泉での〜んびり。ゆったりスペースの大浴場。当館のお湯は北海道・二股温泉の炭酸カルシウム泉。サウナの為の水風呂(頑張って冷やしております)も完備。

  • サウナ

    サウナ

    当店の入浴の醍醐味である上野でも随一の広さを誇るドライサウナ。上野唯一のスチームサウナの設置店。入浴の際に是非ご利用ください。

【アメニティ各種ご用意】

石鹸 / ボデイソープ / シャンプー / コンデイショナー /ブラシ / 軽石 / アカスリタオル /
カミソリ / ハブラシセット / くし各種 / 化粧品各種 / ドライヤー / ヘルスメーター /
フェイスタオル /バスタオル /etc...

【コインランドリー2台設置】

ドラム式乾燥迄
100分コース 400円 
130分コース 500円

ご 利 用 料 金 ・ フロアガイドPrice & Floor guide

料金表 料金表

*当店は全て税込表記です。
※延長料金はコース超過時に発生します。なお1時間を超えて滞在された場合、12時間滞在コースまたは深夜パックの再入館手続きをさせていただきます。
※深夜料金は午前1時以降を滞在時に適用されます。
*デラックスは、スタンダードにビジネスデスクがついております。

フロアガイド フロアガイド
当店約款について

第1条(適用範囲) 当店が入浴滞在者または宿泊者との間で締結する各契約及びこれに関する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めの無い事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。当店が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらず、その特約が優先するものとします。

第2条(当店利用契約<入浴滞在・宿泊滞在>の申し込み)
1.当店に宿泊予約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当店に申し出て、宿泊台帳に記載を頂きます。尚、旅行代理店通じての予約された者については免除する。
(1)宿泊者名
(2)宿泊日及び到着予定時刻
(3)宿泊料金(1泊毎のお支払い。連泊の場合は次泊分を明朝10時までにお支払い)
(4)その他当店が必要と認める事項
(5)海外からの旅行者はパスポートの控えを提出(当店側で複写頂きます)
2. 宿泊者が、宿泊中に前項第2号の宿泊日超過の宿泊継続を事前に申し入れた場合、当店は、その申し出をなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
3.宿泊者は、宿泊最終日の退館時間を超過した場合、延長料金を支払わなければならない。最大延長は1時間迄となり、それ以降の延長は入浴滞在の12時間滞在コースが更に加算され、請求されるものとする。尚、滞在時間超過した時のみに適用される。適用後の申し入れは当店は受け入れることができない。
4.当店に入浴滞在の申し込みをしようとするものは、希望の滞在のコースを明確に申し入れ、該当する入浴料を支払う。入浴料支払い時限定で購入可能商品についてはその時に申し出が無い限り、承ることができない。且つ、入館後の途中でのコース変更は一切承る事ができない。

第3条(宿泊契約の成立等)
1.宿泊契約は、当店が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により宿泊契約が成立した時は、宿泊機関の基本宿泊料1泊分を限度として当店が定める申込金を、宿泊日の入館手続き時にお支払い頂きます。
3.申込金は、まず、宿泊者が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。
4.第2項の申込金を同項の規定により宿泊日当日までに入館手続きとお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。

第4条(入浴滞在契約の成立等)
1.入浴滞在契約は、当店が第2条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により入浴滞在契約が成立した時は、滞在コースに応じての入浴料金を入館手続き時に支払う。尚、それ以降のコース変更は認められない。ショートコースについて、継続しての利用も認められない。入店時のみの限定販売品も入店手続き後購入ができない。
3.申込金は、まず、入浴滞在者が最終的に支払うべき入浴料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。

第5条(宿泊契約・入浴滞在契約締結の拒否)
当店は、次に掲げる場合において、宿泊・入浴滞在契約の締結を応じない事があります。
(1)当店利用の申し込みが、この約款によらないとき。
(2)満室(員)により客室に余裕がないとき。
(3)当店を利用しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
(4)当店利用しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(5)当店を利用しようとする者が、他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(6)当店を利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
(7)当店利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(8)天災、施設故障、その他已む得ない事由により当店利用させることができないとき。

第6条(宿泊客・入浴滞在利用客の契約解除権)
1.宿泊客及び入浴滞在利用客(以下「利用客」という)は、当店に申し出て、契約を解除することができます。
2.当店は、利用客(利用予定客も含む)がそのその責めに帰すべき事由により契約の全部または一部を解除した場合は、利用契約3日前なら宿泊料金の20%、当日ならば50%、連絡なしの不泊なら100%の部屋料金の違約金を申し受けます。尚、入浴滞在利用者は予約制度を設けていない為、該当する事は利用している最中のみになり、解除は原則できないものとする。旅行代理店通じた契約解除については、利用客と旅行代理店との契約の為、当店が基本関与はしないものし、利用客側で対処していただくものとする。
3.当店は、利用客が連絡をしないで宿泊日当日を過ぎたときは、その宿泊契約は利用者により解除されたものとみなします。

第7条(当店の契約解除権)
1.当店は、次に掲げる場合においては、利用契約(宿泊契約・入浴滞在契約)を解除することがあります。
(1)利用客が利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
(2)利用者が次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(3)利用客が他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(4)利用客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
(5)利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(6)天災等不可抗力に起因する事由により当店利用させることができないとき。
(7)当店が定める利用規則の禁止事項(消防・衛生予防で必要なものに限る)に従わないとき。
2.当店が前項規定に基づいて契約解除したときは、利用客はそれまで受けて請求あるものについては支払いしなければならない。

第8条(宿泊の登録)
1.宿泊者は、宿泊日当日、当店フロントにおいて、次の事項の登録、又は提出して頂きます。
(1)宿泊者の氏名、年齢、性別、住所及び職業
(2)外国人にあたっては、パスポートの複写。
(3)その他当店が必要と認める事項
2.宿泊者が第12条の料金の支払いを、現金、クレジットカード以外の通過に代わり得る方法により行おうとするときは、予め、前項の登録時にそれらを呈示していただきます。

第9条(客室の使用時間)
1.宿泊者が当店の客室を使用できる時間は、毎午後3時から翌朝10時までとします。但し、連続して宿泊する場合においては、翌日分の支払いを毎朝10時までに支払いしたときのみ連続して使用する事ができますが、毎朝10時から午後3時まで部屋のクリーニングが行われますので、その間は入浴滞在者と同じラウンジエリアでのご利用となります。
2.当店は、前項の規定に関わらず、連泊で使用したい申し入れが何もなく、同項に定める時間外の利用は認めません。しかし超過した場合には時間に応じて、1時間超過滞在分、12時間滞在コースの料金と重ねて加算します。以後は入浴滞在の規則に従う。

第10条(利用規則・公衆慣習の遵守)
利用客は、当店内において、当店が定めて当店に提示した利用規則、及び当店従業員からの協力要請、注意喚起に従って頂きます。それを守れない方は第7条により、ご利用のお断りをさせて頂きます。

第11条(営業時間)
当店の施設等の営業時間は、掲示物、パンフレットにてご案内致します。已む得ない状況が事前事後であれ生じた場合にはその都度告知を館内放送や掲示物にてご案内致します。

第12条(料金の支払い)
1.利用者が支払うべき料金の内訳は、店内、店頭で掲げるところによります。
2.前項の料金の支払いは、通貨又はクレジットカードにより、当店側が請求した際、フロントにおいて行って頂きます。
3.当店が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意で宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

第13条(当店の責任)
1.当店は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により利用客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当店の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
2.当店は、万が一の災害等に対処するために、賠償責任保険に加入しております。

第14条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)
1.当店は、宿泊者に契約した客室が提供できない時は、宿泊者の了解を得て、できる限り同一条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。
2.当店は、前項の規定に関わらず他の宿泊施設の斡旋ができないと判断した時は、当店の入浴滞在での無償休憩のご案内で充当致します。ただし、客室提供できないことについて、当店の攻めに帰すべき事由が無い時は、補償料等は支払いに応じません。

第15条(寄託物等の取扱い)
1.利用客がフロントにお預けになった物品等貴重品について、損害が生じたとき、それが、不可抗力である場合を除き、当店は、その損害を賠償します。但し、その損害について明示していただく都合が必要となります。
2.利用客が持ち込みした貴重品について、フロントに預かり頂いていないものに付きましては、賠償はできません。ロッカー内含めた館内の場所での取扱いに付きまして、自身の身元より離れた場合、故意関係なく破損、故障に付きましても、どの時点まで正常な状態が特定が困難な為、賠償は請け負いません。

第16条(利用客の手荷物等の保管)
1.利用客は、滞在時間内でフロントに手荷物等を預ける事ができます。
2.滞在時間外での手荷物等のお預かりは1が月5,000円での月極ロッカーをご案内しております。
3.前項の規定に関わらず、大なり小なり、物のお預かりはお断りしております。

第17条(拾得物の取扱い)
1.拾得物については、毎週、所轄の警察へ届けております。
2.忘れ物に関して、連絡頂いて、物が当人のものと認められれば返却しております。
3.当店より遠地への配送は基本承っておりません。着払いにて了承した際、且つ配送可能な物については応じる場合もございます。

第18条(利用客の責任)
1.利用客の故意又は過失による当店が損害を被った時は、当該利用客は当店に対し、その損害を賠償していただきます。
2.領収書の貰い損ねに付きまして、レシートとの交換を基本と致します。電話連絡での状況証拠での発行は一切致しません。
3.前項の規定に関わらず、領収書の発行が可能であって、郵送を利用客より希望された際には着払いにて送付します。

ア ク セ スAccess

JR御徒町駅北口から春日通りを
上野広小路方面へ向かい
松坂屋手前で左折。
左手に見えるパチンコダイヤモンドの
2階が受け付けとなります。

上野広小路駅(地下鉄銀座線)から徒歩1分
御徒町駅(JR山手線)から徒歩1分
仲御徒町駅(地下鉄日比谷線)から徒歩2分

〒110-0005台東区上野3丁目28番6号 TEL.03-3834-5181

お問合せ・予約申込Contact

当店へのお問合せの方は「お問合せ」ボタンを押して表示される【お問合せフォーム】より、
宿泊予約の方は「予約申込」ボタンを押して表示される【予約申込フォーム】へ必要事項をご入力ください。

お問合せフォーム

お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
お問合せ内容
当店約款について

第1条(適用範囲)
当店が入浴滞在者または宿泊者との間で締結する各契約及びこれに関する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めの無い事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。当店が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらず、その特約が優先するものとします。
第2条(当店利用契約<入浴滞在・宿泊滞在>の申し込み)
1.当店に宿泊予約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当店に申し出て、宿泊台帳に記載を頂きます。尚、旅行代理店通じての予約された者については免除する。
(1)宿泊者名
(2)宿泊日及び到着予定時刻
(3)宿泊料金(1泊毎のお支払い。連泊の場合は次泊分を明朝10時までにお支払い)
(4)その他当店が必要と認める事項
(5)海外からの旅行者はパスポートの控えを提出(当店側で複写頂きます)
2.宿泊者が、宿泊中に前項第2号の宿泊日超過の宿泊継続を事前に申し入れた場合、当店は、その申し出をなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
3.宿泊者は、宿泊最終日の退館時間を超過した場合、延長料金を支払わなければならない。最大延長は1時間迄となり、それ以降の延長は入浴滞在の12時間滞在コースが更に加算され、請求されるものとする。尚、滞在時間超過した時のみに適用される。適用後の申し入れは当店は受け入れることができない。
4.当店に入浴滞在の申し込みをしようとするものは、希望の滞在のコースを明確に申し入れ、該当する入浴料を支払う。入浴料支払い時限定で購入可能商品についてはその時に申し出が無い限り、承ることができない。且つ、入館後の途中でのコース変更は一切承る事ができない。
第3条(宿泊契約の成立等)
1.宿泊契約は、当店が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により宿泊契約が成立した時は、宿泊機関の基本宿泊料1泊分を限度として当店が定める申込金を、宿泊日の入館手続き時にお支払い頂きます。
3.申込金は、まず、宿泊者が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。
4.第2項の申込金を同項の規定により宿泊日当日までに入館手続きとお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。
第4条(入浴滞在契約の成立等)
1.入浴滞在契約は、当店が第2条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により入浴滞在契約が成立した時は、滞在コースに応じての入浴料金を入館手続き時に支払う。尚、それ以降のコース変更は認められない。ショートコースについて、継続しての利用も認められない。入店時のみの限定販売品も入店手続き後購入ができない。
3.申込金は、まず、入浴滞在者が最終的に支払うべき入浴料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。
第5条(宿泊契約・入浴滞在契約締結の拒否)
当店は、次に掲げる場合において、宿泊・入浴滞在契約の締結を応じない事があります。
(1)当店利用の申し込みが、この約款によらないとき。
(2)満室(員)により客室に余裕がないとき。
(3)当店を利用しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
(4)当店利用しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(5)当店を利用しようとする者が、他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(6)当店を利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
(7)当店利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(8)天災、施設故障、その他已む得ない事由により当店利用させることができないとき。
第6条(宿泊客・入浴滞在利用客の契約解除権)
1.宿泊客及び入浴滞在利用客(以下「利用客」という)は、当店に申し出て、契約を解除することができます。
2.当店は、利用客(利用予定客も含む)がそのその責めに帰すべき事由により契約の全部または一部を解除した場合は、利用契約3日前なら宿泊料金の20%、当日ならば50%、連絡なしの不泊なら100%の部屋料金の違約金を申し受けます。尚、入浴滞在利用者は予約制度を設けていない為、該当する事は利用している最中のみになり、解除は原則できないものとする。旅行代理店通じた契約解除については、利用客と旅行代理店との契約の為、当店が基本関与はしないものし、利用客側で対処していただくものとする。
3.当店は、利用客が連絡をしないで宿泊日当日を過ぎたときは、その宿泊契約は利用者により解除されたものとみなします。
第7条(当店の契約解除権)
1.当店は、次に掲げる場合においては、利用契約(宿泊契約・入浴滞在契約)を解除することがあります。
(1)利用客が利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
(2)利用者が次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(3)利用客が他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(4)利用客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
(5)利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(6)天災等不可抗力に起因する事由により当店利用させることができないとき。
(7)当店が定める利用規則の禁止事項(消防・衛生予防で必要なものに限る)に従わないとき。
2.当店が前項規定に基づいて契約解除したときは、利用客はそれまで受けて請求あるものについては支払いしなければならない。
第8条(宿泊の登録)
1.宿泊者は、宿泊日当日、当店フロントにおいて、次の事項の登録、又は提出して頂きます。
(1)宿泊者の氏名、年齢、性別、住所及び職業
(2)外国人にあたっては、パスポートの複写。
(3)その他当店が必要と認める事項
2.宿泊者が第12条の料金の支払いを、現金、クレジットカード以外の通過に代わり得る方法により行おうとするときは、予め、前項の登録時にそれらを呈示していただきます。
第9条(客室の使用時間)
1.宿泊者が当店の客室を使用できる時間は、毎午後3時から翌朝10時までとします。但し、連続して宿泊する場合においては、翌日分の支払いを毎朝10時までに支払いしたときのみ連続して使用する事ができますが、毎朝10時から午後3時まで部屋のクリーニングが行われますので、その間は入浴滞在者と同じラウンジエリアでのご利用となります。
2.当店は、前項の規定に関わらず、連泊で使用したい申し入れが何もなく、同項に定める時間外の利用は認めません。しかし超過した場合には時間に応じて、1時間超過滞在分、12時間滞在コースの料金と重ねて加算します。以後は入浴滞在の規則に従う。
第10条(利用規則・公衆慣習の遵守)
利用客は、当店内において、当店が定めて当店に提示した利用規則、及び当店従業員からの協力要請、注意喚起に従って頂きます。それを守れない方は第7条により、ご利用のお断りをさせて頂きます。
第11条(営業時間)
当店の施設等の営業時間は、掲示物、パンフレットにてご案内致します。已む得ない状況が事前事後であれ生じた場合にはその都度告知を館内放送や掲示物にてご案内致します。
第12条(料金の支払い)
1.利用者が支払うべき料金の内訳は、店内、店頭で掲げるところによります。
2.前項の料金の支払いは、通貨又はクレジットカードにより、当店側が請求した際、フロントにおいて行って頂きます。
3.当店が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意で宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
第13条(当店の責任)
1.当店は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により利用客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当店の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
2.当店は、万が一の災害等に対処するために、賠償責任保険に加入しております。
第14条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)
1.当店は、宿泊者に契約した客室が提供できない時は、宿泊者の了解を得て、できる限り同一条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。
2.当店は、前項の規定に関わらず他の宿泊施設の斡旋ができないと判断した時は、当店の入浴滞在での無償休憩のご案内で充当致します。ただし、客室提供できないことについて、当店の攻めに帰すべき事由が無い時は、補償料等は支払いに応じません。
第15条(寄託物等の取扱い)
1.利用客がフロントにお預けになった物品等貴重品について、損害が生じたとき、それが、不可抗力である場合を除き、当店は、その損害を賠償します。但し、その損害について明示していただく都合が必要となります。
2.利用客が持ち込みした貴重品について、フロントに預かり頂いていないものに付きましては、賠償はできません。ロッカー内含めた館内の場所での取扱いに付きまして、自身の身元より離れた場合、故意関係なく破損、故障に付きましても、どの時点まで正常な状態が特定が困難な為、賠償は請け負いません。
第16条(利用客の手荷物等の保管)
1.利用客は、滞在時間内でフロントに手荷物等を預ける事ができます。
2.滞在時間外での手荷物等のお預かりは1が月5,000円での月極ロッカーをご案内しております。
3.前項の規定に関わらず、大なり小なり、物のお預かりはお断りしております。
第17条(拾得物の取扱い)
1.拾得物については、毎週、所轄の警察へ届けております。
2.忘れ物に関して、連絡頂いて、物が当人のものと認められれば返却しております。
3.当店より遠地への配送は基本承っておりません。着払いにて了承した際、且つ配送可能な物については応じる場合もございます。
第18条(利用客の責任)
1.利用客の故意又は過失による当店が損害を被った時は、当該利用客は当店に対し、その損害を賠償していただきます。
2.領収書の貰い損ねに付きまして、レシートとの交換を基本と致します。電話連絡での状況証拠での発行は一切致しません。
3.前項の規定に関わらず、領収書の発行が可能であって、郵送を利用客より希望された際には着払いにて送付します。

予約申込フォーム

お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
メールアドレス(確認用)
宿泊部屋プラン
宿泊初日設定
宿泊数
備考

※予約申し込みフォームからの申込で当日まで連絡ない場合はお電話ください。
※ご予約は返信のメールを以てして締結となりますので、予めご了承ください。当日の際にはお電話くださいませ。

当店約款について

第1条(適用範囲)
当店が入浴滞在者または宿泊者との間で締結する各契約及びこれに関する契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めの無い事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものとします。当店が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定に関わらず、その特約が優先するものとします。
第2条(当店利用契約<入浴滞在・宿泊滞在>の申し込み)
1.当店に宿泊予約の申し込みをしようとする者は、次の事項を当店に申し出て、宿泊台帳に記載を頂きます。尚、旅行代理店通じての予約された者については免除する。
(1)宿泊者名
(2)宿泊日及び到着予定時刻
(3)宿泊料金(1泊毎のお支払い。連泊の場合は次泊分を明朝10時までにお支払い)
(4)その他当店が必要と認める事項
(5)海外からの旅行者はパスポートの控えを提出(当店側で複写頂きます)
2.宿泊者が、宿泊中に前項第2号の宿泊日超過の宿泊継続を事前に申し入れた場合、当店は、その申し出をなされた時点で新たな宿泊契約の申し込みがあったものとして処理します。
3.宿泊者は、宿泊最終日の退館時間を超過した場合、延長料金を支払わなければならない。最大延長は1時間迄となり、それ以降の延長は入浴滞在の12時間滞在コースが更に加算され、請求されるものとする。尚、滞在時間超過した時のみに適用される。適用後の申し入れは当店は受け入れることができない。
4.当店に入浴滞在の申し込みをしようとするものは、希望の滞在のコースを明確に申し入れ、該当する入浴料を支払う。入浴料支払い時限定で購入可能商品についてはその時に申し出が無い限り、承ることができない。且つ、入館後の途中でのコース変更は一切承る事ができない。
第3条(宿泊契約の成立等)
1.宿泊契約は、当店が前条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により宿泊契約が成立した時は、宿泊機関の基本宿泊料1泊分を限度として当店が定める申込金を、宿泊日の入館手続き時にお支払い頂きます。
3.申込金は、まず、宿泊者が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。
4.第2項の申込金を同項の規定により宿泊日当日までに入館手続きとお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。
第4条(入浴滞在契約の成立等)
1.入浴滞在契約は、当店が第2条の申し込みを承諾した時に成立するものとします。但し、当店が承諾しなかったことを証明した時は、この限りではありません。
2.前項の規定により入浴滞在契約が成立した時は、滞在コースに応じての入浴料金を入館手続き時に支払う。尚、それ以降のコース変更は認められない。ショートコースについて、継続しての利用も認められない。入店時のみの限定販売品も入店手続き後購入ができない。
3.申込金は、まず、入浴滞在者が最終的に支払うべき入浴料金に充当し、第6条及び第18条の規定を適用する事態が生じたとき、違約金に次いで賠償金の順序で充当し、残額が有れば、第12条の規定により、料金の支払いの際に返還します。
第5条(宿泊契約・入浴滞在契約締結の拒否)
当店は、次に掲げる場合において、宿泊・入浴滞在契約の締結を応じない事があります。
(1)当店利用の申し込みが、この約款によらないとき。
(2)満室(員)により客室に余裕がないとき。
(3)当店を利用しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
(4)当店利用しようとする者が、次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(5)当店を利用しようとする者が、他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(6)当店を利用しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
(7)当店利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(8)天災、施設故障、その他已む得ない事由により当店利用させることができないとき。
第6条(宿泊客・入浴滞在利用客の契約解除権)
1.宿泊客及び入浴滞在利用客(以下「利用客」という)は、当店に申し出て、契約を解除することができます。
2.当店は、利用客(利用予定客も含む)がそのその責めに帰すべき事由により契約の全部または一部を解除した場合は、利用契約3日前なら宿泊料金の20%、当日ならば50%、連絡なしの不泊なら100%の部屋料金の違約金を申し受けます。尚、入浴滞在利用者は予約制度を設けていない為、該当する事は利用している最中のみになり、解除は原則できないものとする。旅行代理店通じた契約解除については、利用客と旅行代理店との契約の為、当店が基本関与はしないものし、利用客側で対処していただくものとする。
3.当店は、利用客が連絡をしないで宿泊日当日を過ぎたときは、その宿泊契約は利用者により解除されたものとみなします。
第7条(当店の契約解除権)
1.当店は、次に掲げる場合においては、利用契約(宿泊契約・入浴滞在契約)を解除することがあります。
(1)利用客が利用に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
(2)利用者が次のイからハに該当すると認められるとき。
イ:暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力
ロ:暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき
ハ:法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの
(3)利用客が他の利用客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。
(4)利用客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
(5)利用に関し暴力的要求行為が行われ、又は合理的な範囲を超える負担を求められたとき。
(6)天災等不可抗力に起因する事由により当店利用させることができないとき。
(7)当店が定める利用規則の禁止事項(消防・衛生予防で必要なものに限る)に従わないとき。
2.当店が前項規定に基づいて契約解除したときは、利用客はそれまで受けて請求あるものについては支払いしなければならない。
第8条(宿泊の登録)
1.宿泊者は、宿泊日当日、当店フロントにおいて、次の事項の登録、又は提出して頂きます。
(1)宿泊者の氏名、年齢、性別、住所及び職業
(2)外国人にあたっては、パスポートの複写。
(3)その他当店が必要と認める事項
2.宿泊者が第12条の料金の支払いを、現金、クレジットカード以外の通過に代わり得る方法により行おうとするときは、予め、前項の登録時にそれらを呈示していただきます。
第9条(客室の使用時間)
1.宿泊者が当店の客室を使用できる時間は、毎午後3時から翌朝10時までとします。但し、連続して宿泊する場合においては、翌日分の支払いを毎朝10時までに支払いしたときのみ連続して使用する事ができますが、毎朝10時から午後3時まで部屋のクリーニングが行われますので、その間は入浴滞在者と同じラウンジエリアでのご利用となります。
2.当店は、前項の規定に関わらず、連泊で使用したい申し入れが何もなく、同項に定める時間外の利用は認めません。しかし超過した場合には時間に応じて、1時間超過滞在分、12時間滞在コースの料金と重ねて加算します。以後は入浴滞在の規則に従う。
第10条(利用規則・公衆慣習の遵守)
利用客は、当店内において、当店が定めて当店に提示した利用規則、及び当店従業員からの協力要請、注意喚起に従って頂きます。それを守れない方は第7条により、ご利用のお断りをさせて頂きます。
第11条(営業時間)
当店の施設等の営業時間は、掲示物、パンフレットにてご案内致します。已む得ない状況が事前事後であれ生じた場合にはその都度告知を館内放送や掲示物にてご案内致します。
第12条(料金の支払い)
1.利用者が支払うべき料金の内訳は、店内、店頭で掲げるところによります。
2.前項の料金の支払いは、通貨又はクレジットカードにより、当店側が請求した際、フロントにおいて行って頂きます。
3.当店が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意で宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。
第13条(当店の責任)
1.当店は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により利用客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当店の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
2.当店は、万が一の災害等に対処するために、賠償責任保険に加入しております。
第14条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)
1.当店は、宿泊者に契約した客室が提供できない時は、宿泊者の了解を得て、できる限り同一条件による他の宿泊施設を斡旋するものとします。
2.当店は、前項の規定に関わらず他の宿泊施設の斡旋ができないと判断した時は、当店の入浴滞在での無償休憩のご案内で充当致します。ただし、客室提供できないことについて、当店の攻めに帰すべき事由が無い時は、補償料等は支払いに応じません。
第15条(寄託物等の取扱い)
1.利用客がフロントにお預けになった物品等貴重品について、損害が生じたとき、それが、不可抗力である場合を除き、当店は、その損害を賠償します。但し、その損害について明示していただく都合が必要となります。
2.利用客が持ち込みした貴重品について、フロントに預かり頂いていないものに付きましては、賠償はできません。ロッカー内含めた館内の場所での取扱いに付きまして、自身の身元より離れた場合、故意関係なく破損、故障に付きましても、どの時点まで正常な状態が特定が困難な為、賠償は請け負いません。
第16条(利用客の手荷物等の保管)
1.利用客は、滞在時間内でフロントに手荷物等を預ける事ができます。
2.滞在時間外での手荷物等のお預かりは1が月5,000円での月極ロッカーをご案内しております。
3.前項の規定に関わらず、大なり小なり、物のお預かりはお断りしております。
第17条(拾得物の取扱い)
1.拾得物については、毎週、所轄の警察へ届けております。
2.忘れ物に関して、連絡頂いて、物が当人のものと認められれば返却しております。
3.当店より遠地への配送は基本承っておりません。着払いにて了承した際、且つ配送可能な物については応じる場合もございます。
第18条(利用客の責任)
1.利用客の故意又は過失による当店が損害を被った時は、当該利用客は当店に対し、その損害を賠償していただきます。
2.領収書の貰い損ねに付きまして、レシートとの交換を基本と致します。電話連絡での状況証拠での発行は一切致しません。
3.前項の規定に関わらず、領収書の発行が可能であって、郵送を利用客より希望された際には着払いにて送付します。

;