ヨガは食前食後どっちが効果的?ヨガ後に食事すると太るって本当?

ヨガは食前食後どっちが効果的?ヨガ後に食事すると太るって本当?

ヨガをしている上で、食事のタイミングについて迷ったことはありませんか?

動いた後はお腹が空いているけれど、すぐ食べると太ると聞くし…と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、

  • ヨガは食前と食後どちらにするのがいい?
  • ヨガの後の食事は太るって本当?1時間空けた方が良い?
  • ヨガの後、夜の食事のおすすめは?

など、分かりやすく説明していきます!

食事をしてからヨガをするとなぜ太りやすいのかが分かりますよ。ヨガを行うタイミングについて解説やアドバイスをしているのでぜひチェックを♪

目次

ヨガは食前と食後どっちに行うのが効果的?

ヨガは食前と食後どっちに行うのが効果的?

ヨガは食前に行うのが効果的です!

胃腸に血液が集まり、食べ物を消化しますが、ヨガをすると血液が全身に行き渡るため、消化不良を起こす可能性があります。

また、食べ物が胃の中に入った状態だと、身体を捻る動きやうつ伏せなどで、気持ち悪くなりやすいので気をつけましょう。

また、空腹の方が脂肪燃焼効果や集中力も高まると言われています。

集中しやすい状態にしておくためにも、できればヨガは食前に行いましょう!

ヨガの後に食事をすると太る?1時間後はNG?

ヨガの後にすぐ食事を取ると、太りやすいので注意が必要です。

運動後は、ついお腹が空いて何かすぐに食べたくなってしまいますが、ヨガの後は全身の血流が促される他、内臓の動きも活発になるため食べ物の吸収率も上がっています。

そのためすぐに食事をとると、しっかりと食べた物を吸収してしまうので、太りやすくなってしまうのです。

後ほど詳しく説明しますが、出来ればヨガ後の食事は1時間以上避けておきましょう

ヨガで痩せる人と痩せない人の違いは?>>

ヨガの前と後のおすすめの食事と注意点

ヨガの前と後のおすすめの食事と注意点

ヨガ前後の食事はどうすれば良いのか?

  • ヨガの食事
  • ヨガの食事

それぞれ大事なポイントをお伝えしていきます。

ヨガの前の食事のポイント

消化にはある程度時間が必要になるので、出来ればヨガの1、2時間前までには食事を済ませておくのがベストです!

また食べる量が多くなるとその分消化にも時間がかかります。出来れば少し量を抑えるなど調節しましょう。

どうしても小腹が空いている!ということであれば、豆腐や納豆・汁物など比較的消化の良い食事を心がけることで身体への負担を減らすことができます。

より心地よくヨガをする為に、レッスン前の食事も意識してみてくださいね!

ヨガの後の食事のポイント

先程もお伝えしたように、ヨガの後は内臓の動きが活発になっているので、高カロリーな食べ物や揚げ物などを食べると吸収力が上がっているため太りやすくなったり、胃腸への負担が大きくなります。

出来れば、1〜2時間程度食事は避けておきましょう。

逆にヨガ後2時間は吸収力が高まっているので、ゴールデンタイムとも言われています。

筋肉の修復に必要なタンパク質やミネラル・ビタミンなどの栄養素を積極的に摂取するのもおすすめです。

ヨガの後のプロテイン摂取方法についてはこちら>>

またヨガ後は全身の巡りも良くなっているので、お酒を飲むと非常にアルコールが回りやすい状態になっています。

お酒は利尿作用も高く、脱水症状を引き起こす可能性があるため、ヨガ後すぐの飲酒は避けましょう。

どうしてもヨガの後に飲みたい!という方は、お酒を飲む前に必ず小腹を満たしておき空腹でお酒を飲まないようにだけ注意しましょう。

ヨガは朝・昼・夜ならいつ行うのがおすすめ?

ヨガは朝・昼・夜ならいつ行うのがおすすめ?

ヨガは朝・昼・夜いつ行ってもOKですが、おすすめは『朝』と『夜』です!

朝にヨガを行うと、一晩眠っていた身体を起こし、滞っていた血液やリンパの流れを良くします。

特に寒い冬の朝は、中々布団から出られず丸まっている方も多いかと思いますが、血液の流れが良くなることで足先から身体の芯まで温めることができます。

また、朝食前の空腹状態でヨガを行うことで、脂肪燃焼効果が高まったり、集中力が上がるので瞑想に入りやすくなります。

その結果、心身をクリアに、エネルギッシュにすることができ、気持ちよく1日のスタートを切ることができるのです。

朝起きてすぐカーテンを開け、太陽の光を浴びる事で自律神経のスイッチが入れ替わり、さらに朝ヨガの効果を引き立たせてくれます。ぜひやってみてくださいね。

夜のヨガは、1日頑張ったご自身の心と身体を優しく落ち着かせ、緊張状態を解くことで睡眠の質を向上させる効果が期待できます。

寝る前や夜のヨガに注意すること

また、寝る前にスマートフォンでSNSを見るのが日課になっていると、ブルーライトの影響で目が冴えてしまい睡眠の妨げになります。

寝る前のスマホをヨガに変える事で、デジタルデトックスすることができ、さらに質の良い睡眠を取ることができます。

夜行う場合は、間接照明を使って部屋を暗めにしたり、副交感神経を優位にする仰向けなどのゆっくりとした動きを多く取り入れる事がポイントです。

ダイナミックな動きだと、交感神経が優位になり、逆に眠れなくなってしまうので気をつけましょう。

【まとめ】

ここまで、ヨガ前後の食事やタイミングについてお伝えしてきました。

まとめ
  • ヨガは食前に行うのがおすすめ!
  • ヨガ前の食事は1時間以上空け、消化の良いものにしておく。
  • ヨガ後は吸収率が上がりすぐに食べると太りやすいので、1〜2時間は空ける。
  • ヨガはどの時間帯に行ってもOK!朝ヨガは心身をエネルギッシュに、夜ヨガは1日の疲れを癒してくれる効果がある!

沢山動いているのに、食事のタイミングで逆効果にならない為にも、今回お伝えした事を実践していただき、よりヨガの効果を実感してくださいね♪

以下の記事もおすすめです↓

目次