体が硬い人でもヨガは可能!初心者や股関節が硬い男性向けのポーズや教室

体が硬い人でもヨガは可能!初心者や股関節が硬い男性向けのポーズや教室


ヨガといえば女性がしており、体が柔らかい人がポーズを取っているイメージがありますよね。

男性ではアンジャッシュの児嶋一哉さんやプロサッカーの長友佑都選手などがヨガをしており、男性のヨガも注目され気になる人も増えています。

そこでこの記事では、体の硬い初心者でもヨガができるのか気になる人に向けて、以下のような疑問や悩みに答えていきます!

  1. 体の硬い人がヨガに向いている理由とは?
  2. 体が硬い人がヨガをするメリットは?
  3. 初心者や体が硬くてもできるポーズは?
  4. 初心者や男性がヨガを継続するには?

体が硬い人がヨガを通し股関節や肩甲骨などの関節が柔らかくなると、ヨガで得られる効果が大きくなります!

まずは体が硬い人がヨガに向いている理由を説明していきますね♩
柔らかくすればたくさんいいことがあるのでメリットのチェックも必須ですよ!

目次

体の硬い人ほどヨガが向いている!

体が硬い人ほどヨガが向いている!

体が硬い人にヨガが向いている理由は下記の2つです。

  1. 正しいポーズのとり方が身につく
  2. 柔らかくなるまでの効果が実感しやすい

理由をひとつずつお伝えしていきましょう。

① 正しいポーズのとり方が身につく

体の硬い人はゆっくり時間をかけて、体を柔らかくしながらヨガをしていくため、正しいポーズをしっかりと体で覚えることができます。

ヨガにはポーズがたくさんあり、体が柔らかいとポーズがとりやすいと思ってしまう人が多いはず。

ですが、体が柔らかい人は見た目でポーズを取れていても、体の柔らかさや関節の可動域だけでポーズを完成させているため、実は細部の筋肉がつかえていないことがしばしばあります。

逆に体の硬い人は関節の可動域が小さく、関節の硬さを補うために筋肉を使って体を伸ばします。

筋肉を使うと重心も安定しやすくなるので、しっかり体を支えることができる正しいポーズになるのです。

繰り返してヨガのポーズを取ることで、体を支えるのに必要な筋肉の使い方重心の動かし方を習得することができるため、体を支える筋肉も引き締まります

ヨガのレッスンを受講した翌日、下腹部が筋肉痛になりました。
理由をインストラクターに聞き「正しいポーズでヨガをした効果が出ていますね」と教えてもらいました!

効果が分かるとモテベーションにも繋がりますよ!

② 柔らかくなるまでの効果が実感しやすい

体の硬い人はヨガのポーズを取るために、日常生活では使わない筋肉や関節を動かしていくので、体の伸びを感じやすいメリットがあります。

関節の可動域は繰り返し伸ばすことで広がっていきます。

ヨガを通して少しずつ体を柔らかくしていくことで、前回より関節が痛くなくなったり、正しくポーズを取れるようになったりします。

体が硬い人のほうが効果が毎回目に見えて分かるんです!

私は下半身がすごく硬いです。
はじめは出来るところまでを意識して、少し痛いかなくらいでポーズをとっていました。

担当のインストラクターも「このポーズが辛いなら膝を曲げてください」など声をかけてくれます。

繰り返すうちに段々と理想とするポーズに近づくので、徐々に出来ているという効果がとても嬉しいです。

体が硬い人は効果がモチベーション維持になるため、ヨガを継続する人が多いことも特徴です。

ポーズを取ることがヨガの目的ではない

ポーズを取ることがヨガの目的ではない

ヨガは呼吸や瞑想、ポーズを通して心と体を整えることが目的です。

ポーズを取ることがヨガの目的ではありませんし、ポーズをきれいに取るエクササイズではありません。

瞑想や呼吸を通して、心と体の繋がりを感じ、集中力を高めます。

ポーズで心と体の異常を察知し自分をコントロールすることで、心の安定や体のリラックスを得るのです。

ポーズは、ヨガを通して健康的な体の維持やストレス解消をするための1つの手段だと思いましょう!

体が硬い人がヨガをするメリット

体が硬い人がヨガをするメリット

体が硬い人がヨガをすることで得られるメリットは大きく3つです。

  1. 怪我の予防
  2. 血行改善
  3. ダイエット効果

ひとつずつお伝えしていきますね!

① 怪我の予防

体が硬いと関節のクッションがうまく働かず、怪我がしやすかったり関節を痛めやすくなります。

関節は体を動かす時の骨同士の負荷を和らげるクッションのような役割です。

体が柔らかいと関節周りの筋肉が伸びやすいため、関節のクッション力は高くなります。

関節のクッション力が高くなることで、怪我の予防や関節の痛みが軽減さます

体の柔らかさは関節の柔らかさなので、怪我の予防に繋がりますよ!

② 血行改善

体が柔らかいと血行が良くなります。

なぜなら、関節周りの筋肉が柔らかく伸びれば筋肉がスムーズに動くようになり、筋肉がポンプのように血液や老廃物を押し出してくれるからです。

血行が良くなることで得られる効果は3つあります。

  1. 凝りの改善
  2. むくみ予防
  3. 基礎代謝の向上

凝りの改善

ヨガをすることで血行が良くなると凝りが改善されます。

体の凝りは筋肉に老廃物が溜まることや血液の流れが悪くなることで起こる症状です。

筋肉が硬いとより筋肉や関節が固まってしまって血流が圧迫されます。

体が硬い人は凝りやすい人も多いでしょう。

溜まっていた老廃物や血液を流してくれるため、凝りが改善されますよ。

むくみ予防

ヨガで血行が良くなり血液や老廃物が流れるとむくみが改善されます。

むくみは凝りと同じく、血液の流れや老廃物が溜まることで起こります。

筋肉の伸びや動きも良い方がむくみの予防に繋がるため、体が柔らかいと血行改善とともに日頃からむくみにくくなります。

基礎代謝の向上

ヨガで血行が良くなれば基礎代謝が上がります

基礎代謝とは心臓を動かしたり、体温を維持したり生きる上で最低限必要なエネルギーのことです。

血行が良いと筋肉の中を流れる血液も増え、筋肉に必要な酸素や栄養素を届けやすくなるため基礎代謝が高くなります。

基礎代謝が高ければ1日で消費するカロリーも高くなるため、食べても太りにくく、痩せやすい体質になるのです。

体が柔らかい人と体が硬い人では、柔らかい人の方が同じ日常生活を送っても消費カロリーが高くなりますよ

このように、ヨガで体や筋肉が柔らかくなることで血行が良くなり、その結果、凝りやむくみの改善、基礎代謝の向上などの効果が望めるということです!

血行が良くなることで得られるメリットはとても大きいので、ヨガで少しずつ体を柔らかくしましょう!

③ ダイエット効果

体が硬い人がヨガをするメリットの3つ目は、ヨガの腹式呼吸で得られるダイエット効果です。

  • 筋肉の緊張を緩ませてリラックスし、ストレスが原因の暴飲暴食不眠を予防する
  • 酸素を十分に取り込むことで、脂肪が燃焼しやすくなる。

ヨガは腹式呼吸を使っており、横隔膜やあばらの筋肉を使って胸やお腹、背中を膨らませる必要があります。

体が硬い人はこの筋肉の動きが鈍くて、胸やお腹、背中が十分に膨らみにくいんです。

体が柔らかいと呼吸で使用する筋肉の動きもスムーズ!胸やお腹、背中が膨らみやすくなります。腹式呼吸の恩恵が受けやすい体に♪

体を柔らかくして腹式呼吸を最大限に活かせればダイエット効果が期待しやすいですよ!

体が硬い初心者や男性でもできるヨガポーズ

ヨガをするのは初めて!硬くてポーズを取れるか不安!という初心者や男性にもできるポーズを紹介していきますね。

目次